日経BP総研 マーケティング戦略研究所とは……

消費者を取り巻く環境は激しく変化し、求めるものも大きく変化しています。モノの足りた時代、ヒットを生み出す方程式はどこにあるのでしょうか? 答えを持っているのは生活者。しかし、明日のことを生活者は語りません。日経BP総研 マーケティング戦略研究所は、生活に深く根差した知見を基に、明日のヒットづくりを支援します。

ヒットを生み出すのが難しい時代を迎えています。これまでの「コストパフォーマンス」や「付加価値」といった差別化要因だけでは、生活者の心を捉えられなくなっているからです。日本では総人口の減少が始まりました。高齢化の加速とともに、生産年齢人口も急減します。女性の社会進出やソーシャルネットワークの浸透による情報化も、生活スタイルに大きな変化をもたらします。やみくもに作り手が仕掛けるプロモーションも、すぐに見透かされる時代でもあります。日経BP総研 マーケティング戦略研究所はこうしたマーケットや消費トレンドの変化を踏まえて、商品・サービス開発やプロモーション、さらにヒットを生み出すために必要な組織づくりをサポートします。

ミッション

課題を探り、ヒット達成プログラムを提案、そして実行・サポート

市場・社会構造の変化や消費者ニーズの変化、トレンド予測を基に、目指すべき方向や可能性を分析し、次世代ヒットを生み出すためのロードマップをプロジェクトごとに提供する。

情報力

社内外の知見やノウハウをプロジェクトごとに最適化して提供

日経トレンディ』『日経ウーマン』『日経ヘルス』『日経エンタテインメント!』『日経おとなのOFF』など生活情報誌の取材力に加え、日経BP社が持つ経営および技術の専門誌や研究所の人的ネットワークから、最適なリソースを編成する。

サービス内容

ヒット企画達成プログラムなど、さまざまなコンサルティングメニューで対応

分野ごとのトレンド予測を作成しブリーフィング、消費者調査に基づいて商品企画やビジネスプロセスの変革の方向を決定。日経BP社のメディア力を活用したメディアプロモーションなどさまざまなソリューションを用意。

日経BP社は2015年9月1日に「日経BP総合研究所」を創設しました。日経BP社が持つ専門性と、メディアならではの発言力を駆使して、企業や自治体の課題解決、マーケティング活動、ブランド構築、技術開発を支援します。これまで6つの専門研究所が数々の支援を実施し、高い評価を得ています。これらの研究所を束ね、総合力で企業活動をお手伝いします。
日経BP総合研究所